骨粗しょう症とカルシウムの摂取

骨粗しょう症は、カルシウムの摂取不足やホルモン変化などにより、骨からカルシウムが減り、骨がスカスカの状態になってしまう病気です。

骨粗しょう症の予防と改善では、カルシウムを充分に摂取することが必要です。

カルシウム必要摂取量は、通常成人で600ミリグラムといわれ、骨粗しょう症の改善と予防には、1000ミリグラムを目標に摂取するようにしましょう。

したがって、それだけの量をとるためには、カルシウムを豊富に含み、かつ吸収率の良いものを優先的にとるようにします。

カルシウムを多く含む食品には、牛乳や乳製品、小魚や海藻、青菜類、大豆や大豆製品などがありますので、これらをウマく食事に取り入れるようにしましょう。

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症とは、骨からカルシウムが溶け出し、骨量が減少して、骨が変化し、骨がもろくなるために容易に骨折しやすくなってしまう病気です。

日本国内で、骨粗しょう症は60歳の女性で半数、70歳の女性では約6割に認められ、女性は特に注意が必要です。

これは、女性はもともと男性よりも骨量が少ないうえに、閉経後のホルモンの変化によって骨量が急激に減少するためです。

現在国内では、500万人以上の骨粗しょう症の患者さんがいるといわれます。

成人病と呼ばれるほかの病気や症状と同様に、骨粗しょう症も若いうちからの、食事や運動などの生活習慣を見直し、予防していくことが大切です。

過度なダイエットや運動不足、逆に運動のしすぎ、喫煙、お酒の飲みすぎ、また女性では生理不順を招くような生活は、骨粗しょう症を招きます。


高齢者の骨折は、寝たきりの原因となります。寝たきりはさらに痴呆の原因ともなるので、高齢に方々にとって骨折は非常に注意すべきです。


現在は、成人病検診で骨粗しょう症の診断もおこなわれる場合が多いようです、40歳を過ぎたら、定期的に骨量の測定を受けるようにしましょう。


骨粗しょう症の診断は、主に次の方法があります

・X線・・・骨の陰影の濃度や骨梁の形状から判定する方法
・CTを用いる方法
・アイソトープやX線の吸収度で測定する方法
・超音波を用いる方法
・「DXA法」・・・X線の吸収度から測定する方法。
・「QCT法」・・・CTを用いる方法。

このなかでも「DXA法」と「QCT法」が特に骨量の正確な把握に有力です。
タグ:検査

骨粗しょう症と運動

骨粗しょう症の予防や症状の改善には、生活習慣病と同様に、食生活の見直しや、適度な運動が重要です。

運動を継続することは、摂取したカルシウムを骨に蓄え、骨量を増やす効果があります。

しかし、過度の運動はかえって骨量を減らす危険がありますので注意が必要です。


運動は毎日おこなえるものを選びます、例:、ウォーキング、軽いエアロビクス、水泳、ジョギングなど、成人病予防などに良いとされるものを参考に、体に負担をかけないよう注意しながら、30〜60分かけて行えるのが理想です。

また、日ごろの生活で歩く量を増やすことや、ストレッチなどを取り入れる工夫も良いでしょう。
タグ:運動

骨粗しょう症:カルシウムの吸収を助ける酢の働き

酢には、カルシウムの吸収を助ける働きがありますので、骨粗しょう症の予防や改善に取り入れたい食材です。

酢には疲労回復に効果があるとされるクエン酸が含まれていることは有名ですが、酢に含まれる酢酸は、食品中のカルシウムを引き出し吸収しやすい酢酸カルシウムにする作用があります。

酢を使う調理方法としては、マリネなどが考えられますが、チョットした工夫で、通常の食事に取り入れることも可能です。

青魚を煮る際に酢を少量加えることで、独特の臭みを取ることが出来るので、魚の生臭さが苦手という方にもオススメの調理法です

揚げ物に酢をかけると、油っぽさを消えますので食欲が無いときに有効です。

そのほかにも、りんご酢やワインビネガーなどの果実酢に蜂蜜を加えてたり、野菜ジュースに足してみるなどして飲んでみるのも良いかもしれませんね。
タグ:カルシウム

骨粗しょう症とは? 基礎知識&検査

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が減少してしまう病気で、現在、日本には500万人以上の骨粗しょう症の患者がいるといわれます。

骨粗しょう症は、骨量が減少することで骨がもろくなってしまうので、変化しやすくなったり、簡単に骨折しやすくなってしまいます、ちなみに、骨粗しょう症は、背骨に早く現れる傾向が強いです。


骨粗しょう症には、閉経後骨粗しょう症老人性骨粗しょう症があり、閉経後骨粗しょう症は、骨粗しょう症のなかでもっとも多く見られるタイプで、閉経後5年から10年で現れます。

老人性骨粗しょう症は、高齢者にみられる骨粗しょう症で、特に痩せ型の50歳以上の女性に多くみられます。

骨粗しょう症は、60歳代女性の半数、70歳代女性だと約6割に認められるそうです。
女性の場合、もともと男性よりも骨量が少ないうえに、閉経後、ホルモンの変化によって急に骨量が減少するので女性は特に注意が必要です。

最近の成人病検診では、骨粗しょう症の診断が行われることが多いようですが、骨粗しょう症も他の成人病と同様に、早いうちからの、食事、運動など生活習慣を見直して、予防していくことが大切です。

運動不足、喫煙、過度の飲酒などは、また、過度なダイエット、過度な運動のも骨粗しょう症を招きやすいです。

40歳を過ぎたら、定期的に骨量の測定を受けるようにしましょう。
タグ:検査

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。