骨粗しょう症とは? 基礎知識&検査

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が減少してしまう病気で、現在、日本には500万人以上の骨粗しょう症の患者がいるといわれます。

骨粗しょう症は、骨量が減少することで骨がもろくなってしまうので、変化しやすくなったり、簡単に骨折しやすくなってしまいます、ちなみに、骨粗しょう症は、背骨に早く現れる傾向が強いです。


骨粗しょう症には、閉経後骨粗しょう症老人性骨粗しょう症があり、閉経後骨粗しょう症は、骨粗しょう症のなかでもっとも多く見られるタイプで、閉経後5年から10年で現れます。

老人性骨粗しょう症は、高齢者にみられる骨粗しょう症で、特に痩せ型の50歳以上の女性に多くみられます。

骨粗しょう症は、60歳代女性の半数、70歳代女性だと約6割に認められるそうです。
女性の場合、もともと男性よりも骨量が少ないうえに、閉経後、ホルモンの変化によって急に骨量が減少するので女性は特に注意が必要です。

最近の成人病検診では、骨粗しょう症の診断が行われることが多いようですが、骨粗しょう症も他の成人病と同様に、早いうちからの、食事、運動など生活習慣を見直して、予防していくことが大切です。

運動不足、喫煙、過度の飲酒などは、また、過度なダイエット、過度な運動のも骨粗しょう症を招きやすいです。

40歳を過ぎたら、定期的に骨量の測定を受けるようにしましょう。
タグ:検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

骨折ともさようなら!アディポネクチンを増やし、骨も丈夫になる食材
Excerpt: またまた見つけました。アディポネクチンを増やす食材をとり、より別の効果も期待できる組み合わせです。 本日は骨粗しょう症対策、骨が丈夫になるものです。 魚(ビタミンD)+豆腐(カルシウム) ..
Weblog: アディポネクチンを増やす食材
Tracked: 2008-09-19 20:58

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。