骨粗しょう症:カルシウムの吸収を助ける酢の働き

酢には、カルシウムの吸収を助ける働きがありますので、骨粗しょう症の予防や改善に取り入れたい食材です。

酢には疲労回復に効果があるとされるクエン酸が含まれていることは有名ですが、酢に含まれる酢酸は、食品中のカルシウムを引き出し吸収しやすい酢酸カルシウムにする作用があります。

酢を使う調理方法としては、マリネなどが考えられますが、チョットした工夫で、通常の食事に取り入れることも可能です。

青魚を煮る際に酢を少量加えることで、独特の臭みを取ることが出来るので、魚の生臭さが苦手という方にもオススメの調理法です

揚げ物に酢をかけると、油っぽさを消えますので食欲が無いときに有効です。

そのほかにも、りんご酢やワインビネガーなどの果実酢に蜂蜜を加えてたり、野菜ジュースに足してみるなどして飲んでみるのも良いかもしれませんね。
タグ:カルシウム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。