骨粗しょう症と運動

骨粗しょう症の予防や症状の改善には、生活習慣病と同様に、食生活の見直しや、適度な運動が重要です。

運動を継続することは、摂取したカルシウムを骨に蓄え、骨量を増やす効果があります。

しかし、過度の運動はかえって骨量を減らす危険がありますので注意が必要です。


運動は毎日おこなえるものを選びます、例:、ウォーキング、軽いエアロビクス、水泳、ジョギングなど、成人病予防などに良いとされるものを参考に、体に負担をかけないよう注意しながら、30〜60分かけて行えるのが理想です。

また、日ごろの生活で歩く量を増やすことや、ストレッチなどを取り入れる工夫も良いでしょう。
タグ:運動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。