骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症とは、骨からカルシウムが溶け出し、骨量が減少して、骨が変化し、骨がもろくなるために容易に骨折しやすくなってしまう病気です。

日本国内で、骨粗しょう症は60歳の女性で半数、70歳の女性では約6割に認められ、女性は特に注意が必要です。

これは、女性はもともと男性よりも骨量が少ないうえに、閉経後のホルモンの変化によって骨量が急激に減少するためです。

現在国内では、500万人以上の骨粗しょう症の患者さんがいるといわれます。

成人病と呼ばれるほかの病気や症状と同様に、骨粗しょう症も若いうちからの、食事や運動などの生活習慣を見直し、予防していくことが大切です。

過度なダイエットや運動不足、逆に運動のしすぎ、喫煙、お酒の飲みすぎ、また女性では生理不順を招くような生活は、骨粗しょう症を招きます。


高齢者の骨折は、寝たきりの原因となります。寝たきりはさらに痴呆の原因ともなるので、高齢に方々にとって骨折は非常に注意すべきです。


現在は、成人病検診で骨粗しょう症の診断もおこなわれる場合が多いようです、40歳を過ぎたら、定期的に骨量の測定を受けるようにしましょう。


骨粗しょう症の診断は、主に次の方法があります

・X線・・・骨の陰影の濃度や骨梁の形状から判定する方法
・CTを用いる方法
・アイソトープやX線の吸収度で測定する方法
・超音波を用いる方法
・「DXA法」・・・X線の吸収度から測定する方法。
・「QCT法」・・・CTを用いる方法。

このなかでも「DXA法」と「QCT法」が特に骨量の正確な把握に有力です。
タグ:検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。